2010年09月27日

芸術の秋 SAATCH GALLERY

UPできるときに頑張ってUP!
芸術の秋!寒いロンドンは無料のギャラリーやミュージアムへ子供達と
巡るのに最適な都市だ。

先週子供と行ってきたスローンスクエアーの駅からすぐのSAATCH GALLERY。
map_top_header[1].jpg
http://www.saatchi-gallery.co.uk/4ns/
コンテンポラリーアートの殿堂&YBA(ヤングブリティッシュアート)の立役者というけれど、
私にはまったく理解できないここのアート・・・・。
どうやって理解していいのかわからないへんてこなものばかり!
19世紀の印象派が理解されてなかった昔のように、
もしも私が200年後にまた生き返ったら、こんなアートをみて感動する時がくるのかな?

なんて、ぶつぶつ年増のおばさんは考えながら子供についていくと・・・・・。

家の坊主くんたち、すっごく喜んで、お行儀よく作品を鑑賞しているのだ!びっくり!
子供の純真な心だと、このわからんちんのアートも理解できてしまうのだろうか?
ほんとに楽しんでいろいろな角度から作品郡を鑑賞していた。

Sep 2010 023.jpg

Sep 2010 037.jpg

一番のお気に入りはマリオ テスティーノがとったKATE MOSSちゃん。
おっぱいがいっぱいでてて、すっごくゲラゲラ笑いながら大きな写真の前で
騒ぐ二人。
Sep 2010 036.jpg

Sep 2010 034.jpg

名前は確認し忘れたけど、大きなインスタレーションで、たくさんのスピーカーを
ピアノに繋げた作品があって、子供はすごく不思議がって見ていた。
私もこれになんの意味があるのかとっても不思議だったけど。
Sep 2010 038.jpg

もうひとつおもしろかったのは、等身大の人形たちが部屋の隅でなにかを覗いているという
作品。本当にこの人形が本物にみえて、自分もどうにかして覗きたくなるのだ。
(はじめはほんとに人が寄ってなにかを見ているとおもって、
ちょっと並んで待っちゃったんですがね。)
もちろん子供はすぐに覗きに行っていたけど。

Sep 2010 026.jpg

Sep 2010 027.jpg
LITTLEWHITEHEAD It Happened In The Corner

さらにびっくりしたことに、パートナーの会社に働いていた女の子の作品を発見!
かなり多くの彼女の作品数が展示されていて、パートナーはいたく感動していた。

Sep 2010 033.jpg

Sep 2010 031.jpg
Lynette Yladom Boakye

私はアーティストが身近にいるロンドンに感動!作品はやっぱりよくわからなかったけど・・・・。
ま、子供が楽しんでくれれば一番です。


posted by chibiccogang at 03:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 子供と出かけたい場所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏休み2 Hackney City Farm


もうロンドンは秋!というより冬・・・・。小雨と風がびゅーびゅー吹いていて寒い。
まだ9月なのに・・・・。

ずーっとUPしたいと思って、できずにいた夏休み2:HACKNEY CITY FARM
もうとっくに夏は終わっちゃっていて心苦しいけど、今日頑張ってUP。

home_00.jpg
www.hackneycityfarm.co.uk

約1ヶ月前の8月31日に、東ロンドンにあるハックニーシティーファームという
小さな農場へ家の子供と、ママ友達とその子供達と行ってきた。
都会の子供たちにも農場の雰囲気を体験と、
小さな農場ににわとりが放し飼いになっていたり、
豚、牛、羊、ロバなどが柵の囲いの中にのんびり草を食んでいる。
子供はにわとりを追いかけるのに大忙し!
農場の中には小さなガーデンコーナーもあって、
たくさんの種類のハーブが植わっている。
私はどちらかというと大きな動物の匂いが苦手だったりするんで、
ちょっとするとすぐにカフェに逃げ出したくなる。
Sep 2010 004.jpg

Sep 2010 001.jpg

Sep 2010 008.jpg

ファームの中にはFrizzante Cafeというイタリアンフードを
提供するスペースゆったりなカフェが併設。
2004年にはTIME OUTでファミリーレストランとしてベスト賞を受賞している。
夏休みということもあって、子供も親もたくさん。
パパだけと、ファームにきている子供もけっこういた。
ファームはやっぱり男親のほうがいいかもしれない。なんてね。
カフェで頂いたレントスープはがっしりとスモークベーコンの味がきいた
パンチのあるスープで、そのスープと一緒についてきたパンが
すっごくおいしかった。なんでもE9ベーカリーというところから
取り寄せているのだけど、ネットで検索してもでてこない。
最近のなかで一番おいしいパンだったから、また食べたい!

Sep 2010 010.jpg

cafe_00.jpg

帰り道はファームの外側にある公園で少し遊んだり、
ビクトリアンプラムがたくさん落ちてて、それを拾ったりしながら
家路に着いた。
ママ同士で男の子4人とお出かけはけっこう大変だけど、
なんだかとっても充実した気分。

posted by chibiccogang at 02:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 子供と出かけたい場所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月24日

Science Museum

今年は3月21日にから3月24日までイギリスはイースターホリデー。
4日間の連休中です。ヨーロッパの人たちはこのキリスト教の復活祭中、家族で
過ごす人がほとんど。卵の形をしたチョコレートを親しい人や、お世話になっている人にあげたりと
春をみんなで祝う気持ちで一杯になります。(とはいえ、この休み中の天気のひどいこと。
暴風、ヒョウ、雪と、冬に逆戻りでしたが。)

我が家ではこの休みを利用して、子供をつれてサイエンスミュージアムに行ってきました。www.sciencemuseum.org.uk
まわりのママ友達から、混むので朝一番に行くべし!と忠告を受け
朝の9時にまでにはでかける準備で必死。
なんとかオープン10分前についたのに、すでに列が・・・・。

10時にオープンして、ほかの家族となだれ込むように会場内へ。
うわぁ〜、なんか3台くら車が天井から飾られてる!
飛行機もつら下がってる〜!!!!
そのディスプレイのすごさに、子供以上に興奮してしまいました。
なんだか久しぶりのわくわく気分です。

DSC07488.JPG

DSC07491.JPG

小さな子供の家族連れだけでなく、ティーンエージャの子供の家族連れなども
多く、それぞれ自分たちの子供たちの年齢にあった展示会場所へ行きます。
ミュージアム内には3Dの映画館もあり、そこはチケットを購入してはいります。
展示品は15、000点。
そのほか、特別な展示イベントがなければ、すべてフリー!
ここがイギリスの素晴らしいところです。
1997年から労働党が全国のミュージアムをフリーに開放したのです。
多くはロッタリーファンドでミュージアムの経費を賄ったり、企業がスポンサーになったりしています。
子供を持つ親にはミュージアムは本当にありがたい場所です。

さて、3歳児には下の階のThe Gardenという場所がよいと薦められて行ってみました。
水の流れを体感でいるコーナーがあって、たくさんの子供がそこ目掛けて走っていきます。
ちゃんと濡れないようにと、スモックも用意されててうれしい限りです。
そのほか、その場所には音を体感するコーナーや、おおきなLOGOで遊べるコーナーなどもありました。

DSC07494.JPG

DSC07495.JPG

DSC07499.JPG

カフェやレストランもミュージアムの中には多くあり、家族がどこでもご飯やお茶を飲めるスペースもあります。我が家はDEEP BLUEというレストランへ。近未来的な雰囲気です。
キッズメニューもあり、ボリューム感があったので、我が家の双子
1皿をシェアーするだけで十分。

DSC07504.JPG

お昼のあとは飛行機の展示会場をまわってきました。
DSC07506.JPG

イースターホリデーのお陰か、各会場で子供を相手にした展示をおもしろたのしくお話ししてくれる
お兄さんやお姉さんがいました。家の子ももうちょっと大きくなったら、スペースシップの乗り物などに
乗って遊べるかな、などとまだまだ見所たくさんのサイエンスミュージアムでしたが
子供がくたくたになったため、全部は見切れずに帰途についたのでした。

子供のみではなく、大人も楽しめる場所です。とくにプロダクトデザインに興味ある方にはお勧め!
是非今度の機会に行ってみてください。
posted by chibiccogang at 07:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 子供と出かけたい場所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月15日

Sutton Park

週末に訪れたイギリスのバーミンガムはインド人の移民が多い都市です。なので、
本格インドカレーは本当においしい。
バーミンガムに来ればカレ−を食べないと、という感じです。

そして子供ができてからいつもサットンパークという自然公園にも
毎回寄るようになりました。
イギリスの自然公園の中でもかなり大きいほうで、
森や川、池があり、散歩するというよりも探検に行こうかという
気分にさせてくれます。http://www.birmingham.gov.uk/suttonpark.bcc

DSC07213.JPG

DSC07223.JPG

DSC07222.JPG

大人も子供もいつも長靴を履いてこの公園へ行きます。
泥だらけになる確立が高いからです。
そして子供はいつも木の棒を探して、ちょっとした
探検気分を味わっているかのようです。

画像 084.jpg

こんな公園が近くにある町に住むのも子供にとっては楽しいでしょうね。親は洗濯が大変でしょうが・・・・。
posted by chibiccogang at 07:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 子供と出かけたい場所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。